Unable to connect to the server: dial tcp [::1]:8080: connectex: No connection could be made because the target machine actively refused it.

docker for windows に付属の kubernetes ( kubectl ) で “kubectl version” を実行した際に表示。client 側は正常にバージョンが表示されるが、server 側が表示されない。client / server 共に 1.15.5 だったはず。
対策として kubectl の最新版 ( 1.17.0 ) をダウンロードしたら正常に表示されるようになった。
https://kubernetes.io/ja/docs/tasks/tools/install-kubectl/

failed with initial frozen solve. Retrying with flexible

環境
・Ubuntu 18.04
・Anacoda 4.8.1

anaconda を使用していて sudo conda install <package name> などとすると、たまにタイトルのような表示が出ます。
google ってみると何らかのバグのように見えますが、大抵の場合、パッケージの依存関係に矛盾があると出るようです。
一つずつパッケージをインストールすると、そのうち依存関係のエラーが出ますが、場合によっては多数の依存関係のエラーが出ます。こちらも大抵の場合は対応する python のバージョンに齟齬がある場合に出るようです。
例えば A というパッケージが Python 3.5 までしか対応していない状態で、B というパッケージが Python 3.6 以上を必要とすると延々と依存関係のエラーが出ます。
対処方法としては conda search [<anaconda cloud の channel>::]<package name> で検索し、どのバージョンの Python まで対応しているのかを確認すると問題解決がはかどります。
ex.)
sudo conda search jupyterlab
sudo conda search conda-forge::jupyterlab
結果に py36_0 とあれば Python 3.6 対応のパッケージ、py37_0 とあれば Python 3.7 のパッケージと分かります。

一応、複数のチャネルを調べられるhttps://github.com/regro/conda-metachannelというのがあるようです。
ex.)
sudo conda search –override-channels -c https://metachannel.conda-forge.org/defaults,conda-forge/pandas,ipython,scikit-lean
書式としては
http://metachannel.conda-forge.org/<anaconda cloud の channel>/<package name>
となります。
とても大量の出力が出るので、適宜 grep して確認するのが良いと思います。