ubuntu 18.04 で livepatch 設定

資料を google って漁っていてつまったのでメモ。
https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0443?page=1
の方法だと古いっぽい。
/var/snap/canonical-livepatch/config を直接編集するのではなく
sudo canonical-livepatch config コマンドを使用する

・設定の確認
sudo canonical-livepatch config
設定できる内容が表示される。
・設定の変更
sudo canonical-livepatch config <key>=<value>
例えば proxy の設定であれば
sudo canonical-livepatch config http-proxy=”http://<proxy>:<port>” https-proxy=”http://<proxy>:<port>”
というような感じ

有効化については↓のURLで登録済みの Ubuntu One アカウントでアクセスする。
https://auth.livepatch.canonical.com/

設定を変更したら
sudo service snap.canonical-livepatch.canonical-livepatchd restart
を実行。

canoncal-livepatch コマンド自体のヘルプは
canonical-livepatch help を参照
canonical-livepatch config help とかは実行できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です