redmine 4.x の wiki で数式を入力する

〇 結論
redmine 4.x + view customize plugin + MathJax

〇 事情
redmine で latex ( というか数式 ) というと、
redmiine wiki latex plugin が有名なのですが、流石に 10 年前のブツで redmine 4.x には非対応じゃないかな ( 一度試して駄目だった ) と思ったので代替手段をさがしていました。
たぶんカスタム header かなにかを追加するプラグインはあるだろうと思っていたので探したら、redmine view customize plugin を発見。
それを使用して MathJax を埋め込んだら成功。

〇 インストール方法
1. 普通に redmine 4.x を構築。
私の場合は ubuntu 18.04 の apt でインストールした apache 2.4 + passenger に git clone した redmine で構築
2. view customize plugin をインストール
view customize plugin のサイトに書いてある通り。


cd /path/to/redmine/plugins
git clone https://github.com/onozaty/redmine-view-customize.git view_customize
cd ..
bundle install
# secret token の生成
bundle exec rake secret
# secret_key_base の設定
EDITOR="/usr/bin/vi" /path/to/redmine/bin/rails credential:edit
RAILS_ENV=production bundle exec rake redmine:plugins:migrate
# サーバの再起動
sudo service apache2 restart

secret token の生成は、既に secret_key_base に何かが設定されているならば不要です。実際の手順としては rails credential:edit を試してみて secret_key_base が空なら secret token を生成して値を保存。空でないならば編集せずに editor ( 今回の例では vi ) を閉じれば db の migrate の準備が整うようです。

3. view customize plugin の設定
redmine の一番上にある「管理」メニューをクリックすると「表示のカスタマイズ」(redmine のデフォルトの言語が日本語の場合)が表示されるのでクリック。
* パスのパターン : /wiki/
* 挿入位置 : 全てのページのヘッダ
* 種別 : HTML
* コード

<script type="text/x-mathjax-config">  
  MathJax.Hub.Config({
    jax: ["input/TeX", "Output/HTML-CSS"],
    displayAlign: "left"
});
</script>
<script type="text/javascript" async src="https:///cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.5/MathJax.js?config=TeX-AMS-CHTML">
</script>
view customize sample

〇 使い方
念のため <notextile>タグで囲んだ範囲に\( , \) や $$ で囲んで伝っています。
MathJax in redmine wiki sample
MathJax in redmine wiki source code