vocaloid V3 Miku 英語版にシンガーのバリエーションを追加してみる

日本語版 Vocaloid V3 MIKU にはシンガーとして Original, Dark, Soft, Solid, Sweet のバリエーションがありますが、V3 MIKU English にはそのようなバリエーションがありません。ですので自分でシンガーを追加してみました。気が向いたらシンガーを追加してみます。
もしかしたら V3 MIKU 英語版の製品にはバリエーションがあるのかもしれませんが、商品紹介ページを見た限りではバリエーションが無い感じです。

まず、Vocaloid には「シンガーエディター」というのがあり、V3 では「プレシネス」「ブライトネス」「クリアネス」「ジェンダーファクター」の 4 つのパラメータがあります。また 4 つのパラメーターの他に「オリジナルの歌手」というものがあります。
日本語版 vocaloid V3 MIKU のシンガーのオリジナルの歌手はそれぞれシンガーの名前と同じで、各パラメータは 0 に設定してあります。

V3 のヘルプには情報がないようですが、V2 のヘルプによるとパラメーターの意味は以下の通り。なお、各パラメータの取りうる値は 0~127 で、初期値は全てのパラメータが 0 です。

  • (参考)V3_English
  • ブレシネス
  • 名前が示す通り、声の「息っぽさ」を増減させるパラメーターです。この値が高いとより息が加えられた感じの声になります。

    最大にすると、かすれた+割れた音になります。ノイズが乗った感じの音です。

  • ブライトネス
  • 声の高い周波数成分を増減します。この値を高くすると明るくきらびやかな音になり、低くすると落ち着いた穏やかな音になります。優しくささやくようなフレーズには、この値を低く抑えると効果的です。

    最大にしても音色はあまり変化なし。velocity が大きくなったような感じ。

  • クリアネス
  • このパラメーターの効果は”ブライトネス”と似ていますが、声質の変わり方が少し異なります。この値を高くするとシャープで澄んだ音になり、低くするとこもった重たい音になります。

    最大にすると高音にノイズが乗った音になります。

  • ジェンダーファクター
  • 歌声のフォルマント構造を変えることで、歌手のキャラクターを広範囲に変えることができます。この値を高くするほど深く男性的な声になり、低くするほど女性的な声になります。設定によりアニメのキャラクターや動物の鳴き声のような甲高い声に変えることもできます。

    最大にすると米良義一のようなカウンターテナーな声になります。

なお V2 では「オープニング」というパラメータがありますが、V3 では削除されています。ちなみに意味は以下の通り。

  • オープニング
  • 口の開け具合により声のトーンが変わる様子をシミュレートすることができます。この値を高くするほどクリアなトーンとなり、低くするほどクリアではないトーンになります。

次に、日本語版 Voaloid V3 MIKU のシンガーを比較してみます。

アレンジ例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

plese input * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.